低刺激の白髪染めトリートメントは、成分をみればわかります

白髪染めトリートメントは、シャンプーより刺激的な成分が多い傾向があるので注意しましょう。

白髪染めトリートメントは、含まれている「染料」「トリートメント成分」「育毛成分」「刺激成分」で良し悪しが分かれます。

配合成分を分析すれば、白髪染めトリートメントの効果や刺激性がわかります。このサイトは、多くの白髪染めトリートメントを成分鑑定しています。




多くの白髪染めトリートメントを成分鑑定しています!(下の表は例)


染料成分
(植物由来)
染料成分
(化学由来)
トリート
メント
(ハリコシ)
トリート
メント
(キューティクル)
育毛
成分
刺激的な
染毛剤
刺激的な
界面活性剤
シリコン 防腐
剤等
総評

利尻ヘアカラートリートメント


レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー


シラガネーゼ(クイック白髪隠し)

染料成分、トリートメント成分、育毛成分、肌に悪い成分(刺激成分)に注目して、白髪染めトリートメントを成分評価しています。上の比較表のように、白髪染めトリートメントの染料成分、トリートメント成分、育毛成分、肌に悪い成分(刺激成分)を採点しました。




白髪染めの原因と白髪染めの仕組み

白髪対策は体の内部からと外部からで万全です。白髪になる仕組みを知ってから白髪染めを選びましょう。



白髪染めのハウツー集

白髪染めはタイプや成分が実にいろいろあります。使い方もたくさんあります。その中から髪を傷めないで、しかもよく染まるやり方を選びましょう。