トップページ >  白髪染めトリートメントの選び方 >  白髪染めの染料

白髪染めの天然染料と化学染料の良い点・良くない点

白髪染めに色をつける染料の原料は、2つに分かれます。
「植物の成分」と「化学の成分」の2つです。

コスメのように植物が良くて化学成分が良くない、ということは染料の場合ではありません。

染料の場合は、植物成分の染料、化学成分の染料、どちらにも良い点・良くない点があります。

しっかり染めようとすると髪が傷むし、髪に優しくしようとすると染まりが悪い、というトレードオフの関係が基本的にあるからです。

・白髪染めの天然染料にどんな成分があるのか

・白髪染めの化学染料にどんな成分があるのか

・白髪染めの天然染料・化学染料の良い点・良くない点

を以下にまとめました。

染料の原料(植物成分由来)

染色剤の染料として、植物由来の成分は全体的に刺激性は低いのが特徴です。一方で、染まり具合がそれほどよくないのも特徴です。

白髪染めのメーカーでは、アナトーやヘナに科学染料を加えているものが多いです。よく染まることと、髪を傷めることは両てんびんなのです。

植物染料と化学染料の成分や量が自分にとって適度かどうかが大きなポイントです。



染料の原料(植物成分由来の染料)

ヘナ系、クチナシ、アナトー系など



染料の原料(化学成分由来)

化学染料は、染まり具合をよくする一方で、髪を傷める可能性も高くなります。

よく染まることと、髪を傷めることは両てんびんなのでこれはしかたがありません。化学染料でも、刺激性もピンキリです。4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールなどはそれほど刺激性はありませんが、パッチテストは必要です。

パラフェニレンジアミンなどは強い染色性がある一方で、刺激性が強く髪を傷める成分でもあります。植物染料と化学染料の成分や量が自分にとって適度かどうかが大きなポイントです。



染料の原料(化学成分由来の染料)

植物成分由来以外の染料成分