トップページ >  白髪染めトリートメントの選び方 >  染料の原料(化学成分由来)

染料の原料(化学成分由来)

化学染料は、染まり具合をよくする一方で、髪を傷める可能性も高くなります。

よく染まることと、髪を傷めることは両てんびんなのでこれはしかたがありません。化学染料でも、刺激性もピンキリです。4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールなどはそれほど刺激性はありませんが、パッチテストは必要です。

パラフェニレンジアミンなどは強い染色性がある一方で、刺激性が強く髪を傷める成分でもあります。植物染料と化学染料の成分や量が自分にとって適度かどうかが大きなポイントです。



染料の原料(化学成分由来の染料)

植物成分由来以外の染料成分