トップページ >  白髪染めトリートメントの選び方 >  薄毛や育毛にいい成分

薄毛や育毛にいい成分が多い白髪染めトリートメントおすすめ5選

薄毛や育毛にいい特徴をもつ白髪染めトリートメントには、髪にいい成分が多く含まれています。

髪にいい成分がどんなものかだいたいわかった上で、白髪染めトリートメントの成分表をチェックすれば、薄毛や育毛にいい白髪染めトリートメントか判断できるよ うになります。

髪にいい成分とは、効能的に「髪にハリ・コシを与えるトリートメント成分」「髪のキューティクルを保護するトリートメント成分」「頭皮や髪を健やかにする育毛成分」の3つのことです。

以下に、3つの効能ごとに白髪染めトリートメントに含まれる髪にいい成分をまとめました。最後に、これら3つの薄毛や育毛にいい成分が多い白髪染めトリートメントのおすすめを紹介します。

トリートメント成分(髪にハリ・コシを与える成分)

髪にハリ・コシを与えるトリートメント成分として代表的なものは、アミノ酸、アミノ酸を含むポリペプチド、加水分解系ポリペプチド、カチオン化ポリペプチド、その他髪の栄養補給剤などです。

白髪染めは髪を傷める可能性が高くしますが、トリートメント成分が入っているとその確率も下がります。



トリートメント成分(髪にハリ・コシを与える成分)

グルタミン酸、アルギニン、アスパラギン酸Na、グリシン、アミノ酸を多く含む植物エキス、加水分解ケラチン、 加水分解コラーゲン、 加水分解シルク、加水分解コムギ、カゼイン、ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解コラーゲン、加水分解ケラチン、ヒドロキシエチルウレア、プラチナナノコロイド



トリートメント成分(キューティクルを保護する成分)

表面をコーティングするトリートメント成分が入っていると、髪のキューティクルが剥がれ落ちることが少なくなります。

白髪染めは髪を傷める可能性が高くなりますが、キューティクルを保護するトリートメント成分が入っているとその確率も下がります。



トリートメント成分(表面をコーティングして髪のキューティクルを保護する成分)

アボガド油、ホホバ油、オリーブ油、植物オイル類、ラノリン、パルミチン酸エチルヘキシル、ラノリン誘導体、ミリスチン酸イソプロピル、スクワラン、ワセリン、脂肪酸アミド類、セラミド、ミネラルオイル、オレイン酸グリセリル、セタノール、オクチルドデカノール、水添ロジン酸ペンタエリスリチル、イソペンチルジオール、カチオン化セルロース、ヒドロキシエチルセルロース、キトサン、イソステアリン酸オクチルドデシル (ジメチコン、シクロメチコン、カチオン化ポリマー類)、ポリクオタニウムー11、ポリクオタニウム-55



白髪染めトリートメントの育毛成分

育毛成分には、保湿、消炎、代謝改善などいろいろな役割があります。

白髪染めは、シャンプーやトリートメントと比べて、刺激性の強い成分が配合されやすいので、育毛成分が含まれているほうがベターです。
サポート成分として、どのくらい含まれているかチェックしてみましょう。



育毛成分(血行促進、頭皮環境改善など)の良さ

リシリコンブエキス、ローヤルゼリーエキス、カキタンニン、ローマカミツレ花エキス・ローズマリーエキス、トウキンセンカエキス、加水分解ヒヨコマメ種子エキス、トコフェロール、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、ボタンエキス、プラセンタエキス・フユボダイジュ花エキス、センブリエキス・セイヨウキズタエキス・セイヨウアカマツ球果エキス、ニンニクエキス、ゴボウ根エキス、ゲンチアナエキス、カワラヨモギエキス・カミツレエキス、オランダカラシエキス、オドリコソウ花エキス、オタネニンジンエキス、オクラエキス、オオウメガサソウ葉エキス、ユズエキス、トコフェロール ガゴメエキス、ヒアルロン酸Na、ポリ-γ-グルタミン酸Na、システイン/オリゴメリックプロアントシアニジン ムラサキ根エキス、ウコン根茎エキス、メントール、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、ショウガ根茎エキス、アロエベラ葉エキス、グリチルリチン酸2K、トウガラシ果実エキス、ホノライト、バニリルブチル,アロエベラ葉エキス、ハイビスカス花エキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、加水分解ヒヨコマメ種子エキス、トコフェロール、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、ボタンエキス、プラセンタエキス・フユボダイジュ花エキス、センブリエキス・マツエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキスなど