トップページ >  白髪染めトリートメントの選び方 >  刺激性の強い染毛剤

刺激性の強い染毛剤

パラフェニレンジアミンなどのジアミン類は、強い染色成分で、皮膚炎をおこす可能性があると報告されています。

皮膚・粘膜刺激が強く、アレルギー。変異原性、発ガン性などとの関係も研究されています。長く、白髪染めトリートメントを使うなら、配合されていないか必ずチェックしたい項目です。



刺激性の強い染毛剤

パラフェニレンジアミン、パラアミノフェノールおよび硫酸塩 、ピクラミン酸およびそのナトリウム塩、2-アミノ-4,6-ジニトロフェノール)、ヒドロキノン、ピロガロール、メタアミノフェノール、メタフェニレンジアミンおよびその塩類、硫酸オルトクロルパラフェニレンジアミン、硫酸4・4'-ジアミノジフェニルアミン、硫酸トルエン-2,5-ジアミン、硫酸パラニトロメタフェニレンジアミン、硫酸パラメチルアミノフェノール、硫酸メタアミノフェノール、アミノ-4-ニトロフェノール、アミノ-5-ニトロフェノール、アミノ-4-メチルアミノアントラキノン、亜硫酸〔水素〕ナトリウム、α-ナフトール、3-イミノジフェノール、N-フェニルパラフェニレンジアミン、塩酸2・4ジアミノフェノール、塩酸2・4ジアミノフェノールキシエタノール、オルトアミノフェノール、オルトフェニレンジアミン、カテコール、クロムブラウンRH、1-4ジアミノアントラキノン、4,4-ジアミノジフェニルアミン、2-6ジアミノピリジン、トルエン-2・5-ジアミン、トルエン-3・4-ジアミン、ニトロパラフェニレンジアミン