トップページ >  白髪染めトリートメント成分鑑定 >  mokumokuto(木木と)成分

mokumokuto(木木と)の成分鑑定

mokumokuto の成分を
「白髪染めトリートメントを構成する成分」
で染料成分、サポート成分(トリートメント成分、育毛成分)、悪い成分(頭皮に刺激的な成分)ごとに分けました。 mokumokuto の成分が何に使われているかがわかります。

白髪染めトリートメントを構成する成分
白髪染めトリートメントの成分の分類 商品中の配合成分 成分の評価
染料の原料(植物成分由来の染料) ヘンア、ウコン根 、アンマクロ果実、ログウッドエキス、ナンパイアイ葉、カシアアウリクラタ葉
染料の原料(化学成分由来の染料) シリカ、アルミナ、酸化鉄、HC赤3、HC青2
トリートメント成分(髪にハリ・コシを与える成分) 加水分解コラーゲン、加水分解ダイズタンパク
トリートメント成分(表面をコーティングして髪のキューティクルを保護する成分)
育毛成分(血行促進、頭皮環境改善など) ショウヨウダイオウエキス、ラベンダー花エキス、ビャクダンエキス、グアバ葉エキス
刺激性の強い染毛剤 なし
悪い成分(刺激性界面活性剤) グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロウド
悪い成分(シリコン) なし
悪い成分(防腐剤・酸化防止剤・金属封鎖剤・安定剤など) なし

mokumokuto の全成分

ナンパイアイ葉、ヘンア、ウコン根、アンマクロ果実、ムクロジエキス、ログウッドエキス、カシアアウリクラタ葉、ショウヨウダイオウエキス、ラベンダー花、ビャクダンエキス、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロウド、セルロースガム、加水分解コラーゲン、加水分解ダイズタンパク、グアバ葉エキス、シリカ、アルミナ、酸化鉄、HC赤3、HC青2


mokumokuto の成分のポイント

白髪染めトリートメントの評価点はやや低い

mokumokuto(木木と)は、白髪染めトリートメントの全14点の成分調査のうち、9点をカバーしています。評価点はやや低めです。 成分的にみた場合、染色ができて、トリートメント成分は少なめであることがわかります。 染色成分は、植物性由来のヘンア、ウコン根 、アンマクロ果実、ログウッドエキス、ナンパイアイ葉、カシアアウリクラタ葉を中心に、化学染料を加えることで、色の染まり具合を良くしています。

トリートメント成分、育毛成分は少なめ

mokumokuto(木木と)には、髪のキューティクルを保護する成分は少なめです。また育毛成分はあまり含まれていません。

頭皮に刺激的な成分は少し

mokumokuto(木木と)には、刺激性の強い染毛剤、シリコン、刺激的な防腐剤・酸化防止剤は配合されていませんが、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロウドという刺激性界面活性剤だけ配合されています。


mokumokuto は「見送り」

白髪染めトリートメントの評価点はやや低い

染料成分・・・   (4点満点)
サポート成分・・・ (6点満点)
悪い成分・・・     (4点満点)

総合評価・・・ (14点満点)




mokumokuto の商品詳細

mokumokuto(木木と)は、最近注目を集めている白髪染めトリートメントです。
白髪染めトリートメントの全14点の成分調査のうち、9点をカバーしています。評価点はやや低めです。 成分的にみた場合、染色ができて、トリートメント成分は少なめであることがわかります。 染色成分は、植物性由来のヘンア、ウコン根 、アンマクロ果実、ログウッドエキス、ナンパイアイ葉、カシアアウリクラタ葉を中心に、化学染料を加えることで、色の染まり具合を良くしています。

また、mokumokuto(木木と)には、髪のキューティクルを保護する成分は少なめです。また育毛成分はあまり含まれていません。 刺激性をみると、刺激性の強い染毛剤、シリコン、刺激的な防腐剤・酸化防止剤は配合されていませんが、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロウドという刺激性界面活性剤だけ配合されています。

商品イメージはとても良いですが、成分をみると、全体的には、総合点はやや低く、際立っている点はあまりありません。
価格 3,150円
内容量 ・木木と 70g(70g×1袋)
・トリートメントローション 70ml
・毛染めセット(ブラシ&コーム1点、手袋1点、ケープ1点)
特典 なし


もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気20種類の中で、ベスト1の白髪染めトリートメントはコレでした!一目でわかる成績表はこちら