トップページ >  白髪染めトリートメント成分鑑定 >  豊染花の成分鑑定

白髪染めヘアカラー 豊染花の成分鑑定

白髪染めヘアカラー 豊染花 の成分を
「白髪染めトリートメントを構成する成分」
で染料成分、サポート成分(トリートメント成分、育毛成分)、悪い成分(頭皮に刺激的な成分)ごとに分けました。 白髪染めヘアカラー 豊染花 の成分が何に使われているかがわかります。

白髪染めトリートメントを構成する成分
白髪染めトリートメントの成分の分類 商品中の配合成分 成分の評価
染料の原料(植物成分由来の染料) なし
染料の原料(化学成分由来の染料) 硫酸銀
トリートメント成分(髪にハリ・コシを与える成分) マカデミアナッツ油、ミネラルオイル、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン、加水分解水添デンプン
トリートメント成分(表面をコーティングして髪のキューティクルを保護する成分) ポリクオタニウムー11
育毛成分(血行促進、頭皮環境改善など) ユズ果実エキス
刺激性の強い染毛剤 なし
悪い成分(刺激性界面活性剤) ステアルトリモニウム クロリド
悪い成分(シリコン) PEG-11メチルエーテルジメチコン
悪い成分(防腐剤・酸化防止剤・金属封鎖剤・安定剤など) セテスー20、イソプロパノール

白髪染めヘアカラー 豊染花 の全成分

水、パルミチン酸イソプロピル、マカデミアナッツ油、ミネラルオイル、セテアリルアルコール、PEG-11メチルエーテルジメチコン、グリコシルトレハロース、ステアルトリモニウムクロリド,ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドシル/フィトステリル/ベへニル)、ヒドロキシプロピルキトサン、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン、ユズ果実エキス、ポリクオタニウムー11、加水分解水添デンプン、BG、エタノール、セテスー20、イソプロパノール、レブリン酸、硫酸銀、香料


白髪染めヘアカラー 豊染花 の成分のポイント

白髪染めトリートメントとしての評価点は低い

豊染花は、白髪染めトリートメントの全14点の成分調査のうち、7点をカバーしています。評価点はやや低めです。 成分的にみた場合、刺激性はあるものが多少あり、染色ができて、トリートメント成分は少なめであることがわかります。 染色成分は、植物性由来の染料は全く含まれて折らず、感光性の硫酸銀で、色の染めます。

トリートメント成分、育毛成分は少なめ

豊染花には、髪のキューティクルを保護する成分などのトリートメント成分は少なめです。また育毛成分はあまり含まれていません。

頭皮に刺激的な成分は多め

豊染花には、刺激性の強い染毛剤は配合されていません。しかし、ステアルトリモニウムブロミドという刺激性界面活性剤、PEG-11メチルエーテルジメチコンというシリコン、セテスー20・イソプロパノールなどの刺激的な防腐剤・酸化防止剤が配合されています。 敏感肌の方は、頭皮につかないよう細心の注意が必要です。


白髪染めヘアカラー 豊染花 は「見送り」

白髪染めトリートメントとしての評価点は低い

染料成分・・・   (4点満点)
サポート成分・・・ (6点満点)
悪い成分・・・     (4点満点)

総合評価・・・ (14点満点)




白髪染めヘアカラー 豊染花 の商品詳細

豊染花は、白髪染めトリートメントの全14点の成分調査のうち、7点をカバーしています。評価点は低めです。
成分的にみた場合、刺激性はあるものが多少あり、染色ができて、トリートメント成分は少なめであることがわかります。 染色成分は、植物性由来の染料は全く含まれて折らず、感光性の硫酸銀で、色の染めます。

感光性の硫酸銀は、光と反応すると硫酸銀は金属銀として髪に残り、酸化窒素となって空気になります。 トリートメントとしての硫酸銀は、かなりの低濃度なのでそれほど気にすることはないと考えます。

豊染花には、髪のキューティクルを保護する成分などのトリートメント成分は少なめです。また育毛成分はあまり含まれていません。 また、刺激性の強い染毛剤は配合されていません。しかし、ステアルトリモニウムブロミドという刺激性界面活性剤、PEG-11メチルエーテルジメチコンというシリコン、セテスー20・イソプロパノールなどの刺激的な防腐剤・酸化防止剤が配合されています。 敏感肌の方は、頭皮につかないよう細心の注意が必要です。

成分をみると、全体的には、総合点はやや低いです。また、7800円という高価な商品であることも考えると、他の商品を買うことも検討したほうがいいでしょう。
価格 5800円
内容量 100ml
特典 なし


もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気20種類の中で、ベスト1の白髪染めトリートメントはコレでした!一目でわかる成績表はこちら