トップページ >  白髪染めの方法と対策 >  なるべく痛まない髪の染め方

白髪染めでかぶれる?なるべく傷まない髪の染め方

白髪染めでかぶれる?

白髪染めをしたら、いくつかのトラブルがおこりやすくなるのです。 その中には、かぶれてしまうこともあります。

白髪染めをしてかぶれてしまう原因は、パラフェニレンジアミン(PPD)やパラトルエンジアミン(PTDA)などのジアミン系薬剤が入っているからです。 このほかにも、パラアミノフェノールなどの髪の毛にも頭皮にもよくない化学的で人工的な成分が入った白髪染めが多く流通しています。 白髪を強く染める時には、配合されている成分も化学的な成分が強い傾向があります。

白髪染めを使った方がアレルギー体質で、アトピーだったり、喘息だったり、花粉症がある時には、白髪染めでかぶれてしまうことも多いようです。 敏感肌の方も、かぶれることがおこりやすいといわれています。

さらには、その時の体調や使う方の性別や年齢などによっても、以前だったらかぶれなかった白髪染めに、かぶれてしまった!ということもでてきます。 白髪染めをするときには、自分の体のコンディションがいい日にやることが大事な習慣です。 女性だったら、妊娠中や出産前後もお肌がかぶれやすい時期なので、白髪染めをやる時期としてはおすすめできません。


痛まないヘアカラーは少ない

強く脱色するタイプのヘアカラーの場合は注意が必要です。

どんなヘアカラー剤の場合は、色素成分と脱色成分が含まれているのですが、 どちらの成分もあなたの髪の毛の奥に浸透をして、髪の毛の内部にあるタンパク質を破壊してしまいます。 そうしなかったら、髪の毛を白から、黒く染め上げることができません。 髪の毛の白髪染めをしたら、内部のたんぱく質や髪の毛の組織が一気に破壊されてしまう悪影響で、髪の毛が傷んだり、抜けたり、ゴワゴワするトラブルになってしまいます。

髪の毛のヘアカラーでは、髪の毛の表面を覆って、髪の毛を守っているキューティクルも破壊して、発色成分を髪の毛の内部に入れ込んでいきます。 キューティクルは髪の毛のヘアカラーをやったら、表面からはがれてしまうので、髪の毛のキメが壊れて、枝毛や抜け毛や切れ毛やサケ毛が出てきます。

髪の毛の保護成分が配合されて、髪の毛が傷みにくくなったヘアカラーや白髪染めもありますが、基本的には、どの商品を使っても、 たんぱく質やキューティクルの破壊をした部分から、色素を入れ込んでいく染色のメカニズムは変化ないのです。 ヘアカラーや白髪染め後には、髪の毛の深刻なダメージを受けてしまいます。

ほとんど脱色しないタイプは、ヘアマニュキュアやヘアートリートメントといわれていることが多いです。 これらは、ただ色を髪の上に塗るだけなので、脱色するタイプのヘアカラーほどは髪を傷めません。 長期的にも短期的にもこちら髪の健康を考えると、白髪染めトリートメントのほうが良いといえるでしょう。


なるべく傷まない髪の染め方

髪の毛の白髪染めをやったら、髪の毛が傷むことが多いので、髪の毛が傷まない方法で白髪染めをやっていきたくなります。 どんな方法でやったら、髪の毛が傷まないのでしょうか?

なるべく髪を傷めたくないなら、脱色成分や染色成分が強い白髪染めの成分を使って、白髪染めをするのはおすすめできません。 「ヘアマニキュア」や「白髪染めトリートメント」のようなキューティクルや髪のたんぱく質を破壊しない方法で、白髪を目立たなくする方法がベストです。

まずは、あなたが白髪染めを選ぶときには、髪の毛に優しいハーブやヘナなどの天然由来成分が配合された商品を選びましょう。 石油系や化学系の白髪染めは、髪や頭皮が傷むことが多い危険な成分です。 ハーブやヘナが入った天然系の成分だったら、髪の毛や頭皮の傷みも気にならないからいいでしょう。 (このサイトでも、有名な白髪染めトリートメントの成分解析をしているので、一つの参考にしてみてください。)

さらには、正しい白髪染めの仕方を守ることも大事です。 説明書きも読みながら、決められた容量や時間を厳守して、白髪染めをやりましょう。 溶液を使いすぎたり、決められた時間を守らないと、髪の毛の傷みの原因になってしまいます。

どうしても、白髪染めをやった時の髪の毛の傷みが気になる方は自分で白髪染めをするのではなくて、美容室に行き、プロにまかせたらいいですね。 専門的な美容室で白髪染めをしたら、溶剤や染め方もプロ仕様の髪の毛が傷みにくいものを使うことができます。 髪の毛の傷みにくい白髪染めをやっていく時には、美容室に行くのがベストな選択です。


低刺激のヘアカラーを選ぶべき理由

髪の毛のヘアカラーをやるときには、髪の毛のキューティクルの奥深くに化学的で人工的な色素を入れるのですから、人間の髪の毛には負担がかかります。 白髪染めやヘアカラーをやった時には、髪の毛が傷んできます。 ひどい方になったら、さらに深刻で、髪の毛が抜けてしまうこともあるのです。 髪の毛が抜けたり、傷んだら、簡単には修復できませんから、白髪染めやヘアカラ―をする前には注意をしましょう。

白髪染めトリートメントやヘアカラ―は特に成分が厳しいものが多いので、成分チェックがとても重要です。

人気になっているのは、低刺激のヘアカラーを使う方法です。 低刺激のヘアカラーは人工的な化学的な成分ではなくて、天然由来の成分が使われています。 昆布やヘナやハーブなどの髪の毛にもお肌にも環境にも優しい、刺激や負担が少ない原料です。 人工的な負担が大きな化学系や石油系などのヘアカラーに比べて、髪にもお肌にもいいので、安心して使えます。

昆布やヘナやハーブなどの髪の毛にもお肌にも環境にも優しいヘアカラーは人気になっていて、市場にも続々新製品が登場をしています。 お肌や髪の毛に刺激や負担が少ないヘアカラーを使ったら、あなたのお肌が炎症をおこす危険度も減りますからうれしいです。


髪や頭皮のダメージが大きい白髪染めが多いので注意!

白髪を染めるメカニズムは、人間の髪の毛の健康を考えたらよくないものですから、白髪染めをした時には、髪の毛の傷みがひどくなります。 髪の毛だけではなくて、同時に頭皮にも深刻なダメージを与えてしまうこともあります。 髪の毛がパサパサになったり、抜けたり、切れたり... 白髪を染めた後には、ダメージが残りやすいです。

白髪を染めるときには、脱色成分や発色成分を髪の毛の奥深くまで浸透させなくてはならないのです。 この時には、髪の毛を構成しているたんぱく質を破壊します。 たんぱく質を破壊しなかったら、髪の毛を黒く染められません。 髪の毛の表面についた、保護機能の高いキューティクルもはがしてしまう行為ですから、髪の毛の表面から見ても、中側から見ても、髪の毛のダメージは深刻なものになってしまうのです。

石油系や人工的な化学的な原料からできた白髪染めは、あなたの髪の毛にはダメージが大きなものですから、使っていく時には気をつけてくださいね。 石油系や人工的な化学的な原料を含まない、天然成分由来の髪の毛にも頭皮にも優しい、白髪染めを使ってください。

このサイトでも白髪染めトリートメントのいくつかについて、全成分をチェックしているので、確認してみてください。


白髪染めは低刺激のものを選ぼう!

白髪染めは髪の毛のタンパク質成分を破壊して、その部分に染色剤を入れ込んでいく方法ですから、白髪染めをやったら、髪の毛のたんぱく質が破壊されるせいで、髪が傷みます。 髪の表面部分をコ-ティングしている、保護機能のあるキューティクルも同時にはがしてしまいますから、さらに髪の毛の傷みが目立つのです。

白髪染めをした後には、髪の毛が傷んでしまい、困る方がかなり目立ちます。 白髪染めをしても、髪の毛を傷めないためには、低刺激の白髪染めを使ったらいいのです。 一般的な白髪染めは、石油系や化学系の白髪染めで、人工的な成分ですから、髪の毛や頭皮には悪影響そのものです。

人工的な成分ではなくて、髪の毛にも頭皮にも優しい天然成分由来の白髪染めも販売されています。 中でも低刺激で、天然成分が各種配合されている白髪染めトリートメントはおすすめです。

ヘナやハーブや海藻や植物などの天然の刺激が少ない成分から作られた白髪染めだったら、髪の毛のたんぱく質やキューティクルも傷めないで、保護しながら白髪染めができるのです。 価格もどんどん低価格になっていますから、低刺激の白髪染めを選んで、髪の毛に優しい負担が少ない白髪染めをやることがおすすめできます。


こちらのページでは白髪染めトリートメントの全成分を分析し、低刺激な成分だけが使われているかどうかをチェックしています。頭皮に優しい白髪染め選びの参考にしてくださいね。