トップページ >  白髪染めの方法と対策 >  根元の白髪染めってどうする?

生え際・根元の白髪染めの染め方

根元の白髪染めってどうする?

人間の髪の毛は黒髪でも白髪でも、また男性でも女性でも1か月に1センチの長さで根元から生えてきますので、 「染めても染めても、すぐに根元が白髪になる!」
とお悩みの方が多いです。

すぐに気になる根元の白髪には全体染めと併用をして、部分染めを使っていくことがいい方法でしょう。 すでに、白髪染めの市場でも、様々なタイプの根元専用の白髪染めが人気を得て販売されています。

例えば、使いやすいと好評になっているのは、スティックタイプの根元専用の白髪染めです。 スティックタイプの根元専用の白髪染めを使ったら、あなたが染めにくかったり、すぐに生えてきていやだった根元の白髪をピンポイントできれいにすることができます。 スティックタイプの根元専用の白髪染めは価格も安くて、500円程度から販売されています。

急に出かける時や急ぐ時にも、気がついたときにはすぐに使うことができます。 その他にも、スプレータイプやマスカラタイプなどの、根元専用の白髪染めが何種類もありますから、あなたの白髪の具合やお悩みに応じて使い分けたらいいですね。


生え際の白髪の染め方

白髪が目立ち、1番気になってしまう部分は生え際です。 人間の髪の毛は1か月に1センチは生えてきますから、生え際から白髪になってしまうので、上手に生え際の白髪染めをやっていきたくなります。 生え際の白髪染めは、全体染めをやるときには櫛などを使って、特に入念に染めていきましょう。 白髪染めを2度塗り3度塗りをして、何回か白髪染めの溶剤を生え際に重ね付けすることがおススメです。

1番いい生え際の白髪染めの方法は、全体染めをして少し時間がたってきて、何ミリかでも白髪が生え際に生えてきたときには、 スティックタイプやマスカラタイプの簡単に白髪染めができるケアー商品を便利に使っていく方法です。 スティックタイプやマスカラタイプの白髪染めは、あなたが出かける際や気になった時には、時間をかけないですぐに生え際の白髪を隠すことができます。

生え際周辺は1番白髪が目立つ部分ですから、全体染めと部分染めの白髪染めの特徴を生かして、常に黒髪を維持していきたいのです。 生え際の白髪が目立ってきたときには、スプレータイプの白髪染めなども販売されていますから、新商品の中から使いやすいものをチョイスしてみましょう!


生え際はこまめに白髪染めを行う部分なので、より安全で刺激の少ない白髪染めを選びたいですよね。こちらのページでは20種類の白髪染めをトリートメントの成分を調査し、安全な成分だけが使われているかをチェックしています。長く続けられる白髪染め選びにお役立てください。