トップページ >  白髪染めの方法と対策 >  アンダーヘアも白髪になる?

アンダーヘアも歳を取ると白髪になる?

アンダーヘアも歳を取ると白髪になる?

白髪というと毛髪が思い浮かびますが、実は体中のすべての毛は白髪になる可能性があるのです。 ですから、当然、アンダーヘアも白髪になります。 他の部分はともかく、アンダーヘアに白髪を見つけるとショックかもしれませんが、 早い人では20代でも生えることもあるのです。

既婚者ならともかく、まだ若い女性でもアンダーヘアに白髪が生えてくる人もおり、 その処理方法に困っているようです。 白髪染めで染めてしまうという人もいますが、これはデリケートゾーンであるため あまりおすすめできません。 特にこれから結婚、出産を考えている女性はNGです。

見つけたときに1本ずつ抜くという人もいますが、かなり痛みを伴うことと 抜いた後に色素沈着を起こしたり、化膿する危険があるのでおすすめできません。 脱毛サロンでツルツルにしてしまうという方法もありますが、 恥ずかしい部位であることからかなりの勇気がいりますね。

アンダーヘアの白髪の原因はやはり他の白髪同様、加齢や栄養不足、ストレスなどです。 ですから、普段からバランスのよい食事を心掛けたり、ストレスを溜めないようにすることが大切ですね。 また、睡眠不足や運動不足も白髪の原因になりますので注意しましょう。

厚生労働省の運動施策も参考になりますよ。
>>厚生労働省の運動施策


白髪の原因は?

人間の健やかな髪の毛は、毛母細胞で作られています。 毛母細胞は、髪の毛の黒い色素のメラニンを作っている部分です。 何らかの理由から、この毛母細胞の働きが鈍った時には、黒いメラニン色素が髪の毛にはつかなくなって、白髪になってしまうのです。 毛母細胞の中でも、特に「メラノサイト」という部分がメラニン色素を活発に作っていく部分で、毛母細胞やメラノサイトは生活の悪影響をすぐに受けて弱っていきます。

毛母細胞やメラノサイトの働きが弱くなる1番の大きな原因は、加齢現象です。 40代以降になったら、男性でも女性でも白髪ができて、悩む方が急増します。

さらには、加齢以外にも、食生活の乱れなども、毛母細胞やメラノサイトの働きを弱めて、白髪ができやすい髪の毛の環境になるのです。 毎日、肉食になって、新鮮な野菜や果物やお魚や海藻...などのたんぱく質やビタミンやミネラルや食物繊維を食べていない方は、 毛母細胞やメラノサイトの働きが弱まってしまい、白髪になる危険性が高まりますから要注意です。 お酒やタバコのニコチンやタール、アルコールなどの有害物質も、毛母細胞やメラノサイトの働きを鈍らせてしまい、白髪ができやすくなる原因を作るよくない習慣です。

こちらのページでは、頭皮と髪の毛にいい成分が含まれる低刺激の白髪染めトリートメントを比較しています。白髪防止の参考にしてください。