トップページ >  白髪染めの方法と対策 >  白髪はなぜピンピンはねる?

白髪はなぜピンピンはねる?なぜかゆいの?太い白髪の原因と対策

白髪はなぜピンピンはねる?

気になる白髪は黒髪の下に隠しておきたいものですが、 何故かピンピンとはねて表に飛び出してきませんか。 そのため、より白髪が目立って困るという人も多いようです。 実は、白髪は黒髪に比べて直径が太くて硬いというデータ結果があり、 そのために白髪だけが飛び出したように生えたり、まっすぐ外に向かって生えたりするのです。

また、黒髪よりも太い白髪が生えるときには黒髪が生えていた毛穴から 太い白髪が生えようとするため、生えてくるときに痒いような痛いような刺激を感じる人もいるようです。 今のところ、かゆみと白髪の科学的根拠は立証はされていませんが、 黒髪よりも白髪のほうが太いことが事実であれば、そのような症状が見られても不思議ではありません。

さらに白髪を見つけたときに短く切っている人は、それが伸びてきたときに ピンピンとはねているように思うのです。 周りが長いのに短く切られた毛がはねるように伸びるのは当然でしょう。 ですから、白髪がはねるのが嫌な人は短く切らずに伸ばしておいたほうがいいのかもしれません。 ただし、間違っても抜いてはいけませんよ。

白髪を抜くと増えるは本当?

昔から白髪は抜くと増えるといわれていますが、実はこれは正確に言うと迷信なのです。 白髪ができるのは、毛根にある毛母細胞の間にあるメラノサイトで生成される 黒い色素の元であるメラニン色素が減少したり、消失することが原因なので 白髪を抜いたからといってメラニン色素が減るわけではありません。 白髪を抜いても抜かなくても白髪は次々と生えてくるので増えたような気がするだけでしょう。

ですから、白髪を抜くことで増えるということはないのですが、 実は抜くという動作が頭皮にとってとてもよくないことなのです。 毛は1つの毛穴から2~3本ずつ生えているのですが、 白髪は毛根からしっかりと生えているため、無理やり抜くことで毛乳頭や毛母細胞が ダメージを受けてしまい、メラニン色素が浸透しにくくなる可能性が強いのです。 そのため、髪の再生を阻害し、薄毛を招く恐れがあります。

ですから、白髪を抜くことは白髪が増えるというよりも薄毛など 他の弊害を生むことになるので、白髪は抜かずに根元のほうで切ることをおすすめします。 白髪を抜くと増えるというのは迷信ではありますが、 頭皮や毛髪へのダメージは必ずありますのでよくないことであることは事実です。

白髪で頭皮がかゆくなるって本当?

白髪が生えるときに頭皮がかゆくなると訴える人が多いようですが、 これに科学的な立証はありません。 けれども、白髪はメラニン色素がないことから強度があり、黒髪よりも少しだけ太く、 さらにその少し太い白髪が黒髪が生えていた毛穴から無理やり出でくることになります。 そして、毛母細胞から伸びるときは毛穴の壁に沿うことなく、 まっすぐに伸びようとするので頭皮がつっつかれて刺激を感じるようです。

ですから、白髪が生えるときには頭皮のあちこちが痒くなるといわれています。 ただし、白髪が頭皮から出てしまえば刺激もかゆみも感じませんし、 毛髪が真っ白な人が常に頭皮のかゆみを感じているかというとそうでもないのです。

また、メラニン色素が作られなくなった頭皮は不健康な状態であり、 乾燥などが原因で皮脂の過剰分泌がおこっていることが多く、 それが白髪が生えるときに頭皮の痛点を軽く刺激することでかゆみとして感じることもあるようです。

けれども、頭皮にかゆみがあるからといって、必ずしも白髪が生える前兆とは限りませんし、 他の理由で頭皮のかゆみが発生している場合も多いので一概には言えません。 特にシャンプーやリンスのすすぎ不足や頭皮の不衛生、皮脂の過剰分泌、 炎症なども頭皮のかゆみを引き起こすので、かゆいときにはまずは頭皮の状態を確認ししまょう。