トップページ >  白髪染めの方法と対策 >  白髪染めは何日もつ?

白髪染めは何日もつ?長持ちさせる方法と色持ちするヘアカラーの特徴

白髪染めは何日もつ?

せっかく白髪をキレイに染めてもしばらくするとすぐに伸びてきたところが 白く目立ってしまい、がっかりすることはよくあります。 白髪染めにはいろいろなタイプがあり、持続時間にも違いがあります。

最も効果が長続きするのは、一般的なヘアカラータイプの白髪染めですが、 それでも約2週間ほどで少しずつ目立ちはじめ、 3週間もすると結構目立ってきます。 ヘアカラータイプの白髪染めは薬剤がしっかりとキューティクルの内部にまで入り込むので 比較的長持ちします。 ただし、それなりに強い薬剤が使われているので頻繁には染められず 2週間を過ぎると伸びた白髪が気になって仕方がないという状態になりやすいようです。

シャンプータイプは毎日手軽に使えますが、 やはり持続時間は短く、せいぜい1週間前後です。 けれども、入浴中に気軽に染められることから1週間おきでも それほど面倒なことはありません。

また、ヘアマニキュアタイプは髪の表面だけをコーティングするような感じなので 髪を傷めにくいというメリットはあるものの、やはり持続時間は短くなります。 数日もすれば自然に色が落ちてきます。


白髪染めをできるだけ長持ちさせる方法

白髪を染めたら、少しでも長持ちさせたい時には、その後のアフターケアーをどのような方法でやっていくのかが重要です。 あなたも白髪染めをした時には、その後にやるアフターケアーの方法に関心を持ちましょう。 アフターケアーを何もやらなかったら、白髪が落ちてしまう期間が短くなってしまいます。

白髪染めをしたら、毎日の洗髪では、白髪染めの専用のケアーができるシャンプーやトリートメントを使うことが大事なアフターケアーです。 普通のシャンプーやトリートメントには入ってない、白髪染めの発色成分を守る働きが白髪染めの専用のケアーができるシャンプーやトリートメントには入っているからです。 さらには、白髪染めをやったことで傷んでしまった、髪の毛のキューティクルやたんぱく質の保護成分も白髪染めの専用のケアーができるシャンプーやトリートメントには配合されています。

その他にも、自分の日々の食事から、たんぱく質やカルシウムを積極的にお魚や海藻やお豆腐や新鮮な野菜から摂取することも、 白髪染めを長持ちさせて髪の毛のコンディションをよくしたい時には欠かせません。


色持ちするヘアカラーの特徴

せっかくの白髪染めをやったのに、染めたカラーが色落ちしてしまうことはよくあるのです。 この色落ちのことは、「退色現象」といいます。 どんなヘアカラーを使っても1か月もしたら、退色現象がおこるのです。

これは、ヘアカラーの成分が髪の内部から日に日に落ちてしまう影響で、時間が経ったら、ある程度は仕方がないともいえます。 でも、ヘアカラーの使い方を工夫したり、髪の毛のコンディションを高めたら、長い期間色落ちしないでカラーを保つこともできます。 「ヘアカラーが長持ちする」ということをうたい文句にして、販売されているヘアカラーもありますから、カラーが長持ちするヘアカラーを積極的に使うこともいい方法です。

何と言っても1番大事なのは、毎日のヘアケアーに気を配ることです。 カラーリング直後はキューティクルが開いた状態になっていますから、しばらくは、トリートメントを欠かさないでやりましょう。 その後も、ヘアカラー専用のシャンプーやスタイリング剤やコンディショナーを使うことも、ヘアカラーを退色させないおすすめのいい方法です。


ヘアカラーに寄って退色のしやすさが変わるもの、できれば自分の好きなカラーで染めたいですよね。好きなヘアカラーを維持させるためには、髪の毛の環境を良くする食生活を行うように心がけましょう。

しっかりとした食事がなかなか摂れない方は、髪の毛にいい成分の含まれている白髪染めトリートメントを選ぶことで髪の毛のコンディションを改善することができます。髪の毛にいい成分が含まれている白髪染めトリートメントは、こちらのページの成分表にまとめているので参考にしてくださいね。