トップページ >  > 白髪染めの種類とタイプの特徴と選び方

白髪染めの種類とタイプの特徴と選び方

白髪染めの種類とタイプがあります。

ちょっとめんどくさそうな話ですが、 自分に合うのがどれか、決めるだけの話です。

白髪染めの種類とタイプの特徴と選び方を紹介します。

泡タイプの白髪染めのメリットデメリット

人気になっていて、使う方が多くなっているのは泡タイプの白髪染めです。 この数年間で、人気度は高まってきて、市場でも新しい泡タイプの白髪染めが続々登場をしています。 泡タイプの白髪染めのメリット・デメリットには、どのようなことがあるのでしょうか?

泡タイプの白髪染めのメリットは、どなたでも簡単に手早く染まるということが考えられます。 液状の白髪染めだったら、垂れてきたり、使いにくかったり、後頭部や頭頂部には届かなかったり、様々なお悩みがあったものです。 泡タイプの白髪染めは初めから泡になって出てきますから、垂れることがなく、頭のてっぺんや後ろにも届きます。 前髪だけではなくて、髪の毛の全体がきれいに染められると人気になっています。

反対に、泡タイプの白髪染めのデメリットには、何があるのでしょうか? 女性の方の意見でよく聞くのは、
「泡タイプの白髪染めはきれいに染められるからいいけれども、細かな泡があちこちに飛んで、 洋服や顔やあたりの家具などにも白髪染めがつくから、掃除が困ります。」 というお困りの苦情もあります。

光で染まる白髪染めって?

白髪染めをしていくと、髪の毛が傷んでしまう方が多いので、より髪の毛が傷まない白髪染めがほしいというご要望が大きくなっています。 市場に登場をして人気になっているのは、光で染まる白髪染めです。 光で染まる白髪染めには、サンカラーマックスやムース銀塩カラー豊染花や速染力などの商品が登場をしています。

特に、早くから注目されていたのは、サンカラーマックスの光を使って白髪染めができる効果です。 光で染める白髪染めは、朝たっぷりと白髪が気になる部分に塗っていきます。 1日を過ごしたら、光の効果から白髪が黒く染まるのです。 できたら、白髪が直接太陽光にあたるように1日を過ごすと、さらに白髪を光で染めるタイプの染色効果が高められます。

外に出る機会がない方は、蛍光灯などの光でも効果があるのです。 夜になったら、いつものシャンプーと同じように、光で染まるタイプの白髪染めを洗い流すだけでいいのです。 光で染まるタイプの白髪染めの特徴は、髪の毛を傷める原因になる化学的な成分が少ないことですので、髪の傷みも少ないと好評になっています。