トップページ >  > [人気20種]白髪染めトリートメントを染料の刺激性・トリートメント成分・悪い成分で比較

[人気20種]白髪染めトリートメントを染料の刺激性・トリートメント成分・悪い成分で比較

白髪染めトリートメントを選ぶポイント
植物由来・化学由来それぞれの『染料成分』の質が良い
『2種類のトリートメント成分』『育毛成分』をバランス良く配合
刺激的な染毛剤や界面活性剤、シリコン、防腐剤等『悪い成分』がない

人気の白髪染めトリートメントを、『染料成分』『ハリコシ系トリートメント』『キューティクル系トリートメント』『育毛成分』『刺激的な染毛剤』『シリコン』『防腐剤等』の9項目で評価しました!

染料成分
(植物由来)
染料成分
(化学由来)
トリート
メント
(ハリコシ)
トリート
メント
(キューティクル)
育毛
成分
刺激的な
染毛剤
刺激的な
界面活性剤
シリコン 防腐
剤等
総評

利尻ヘアカラートリートメント


ルプルプ(lplp)


キラリ


くろめヘアカラートリートメント


Dr.wishヘアカラートリートメント


髪萌ヘアカラー


mokumokuto


染料成分
(植物由来)
染料成分
(化学由来)
トリート
メント
(ハリコシ)
トリート
メント
(キューティクル)
育毛
成分
刺激的な
染毛剤
刺激的な
界面活性剤
シリコン 防腐
剤等
総評

ヘアカラートリートメント【エフキュア】


レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー


シュアカラー


ピュアハーバル・ヘアカラー100


シラガネーゼ(クイック白髪隠し)


染料成分
(植物由来)
染料成分
(化学由来)
トリート
メント
(ハリコシ)
トリート
メント
(キューティクル)
育毛
成分
刺激的な
染毛剤
刺激的な
界面活性剤
シリコン 防腐
剤等
総評

白髪染めヘアカラー 豊染花


比較表の見方

比較表では、白髪染めトリートメントに含まれている成分を良し悪しをカテゴリーごとにチェックしています。

染料の原料(植物成分由来の染料)
染色剤の染料として、植物由来の成分は全体的に刺激性は低いのが特徴です。一方で、染まり具合がそれほどよくないのも特徴です。

染料の原料(化学成分由来の染料)
化学染料は、染まり具合をよくする一方で、髪を傷める可能性も高くなります。

トリートメント成分(髪にハリ・コシを与える成分)
髪にハリ・コシを与えるトリートメント成分として代表的なものは、アミノ酸、アミノ酸を含むポリペプチド、加水分解系ポリペプチド、カチオン化ポリペプチド、その他髪の栄養補給剤などです。

トリートメント成分(表面をコーティングして髪のキューティクルを保護する成分)
表面をコーティングするトリートメント成分が入っていると、髪のキューティクルが剥がれ落ちることが少なくなります。

育毛成分(血行促進、頭皮環境改善など)
育毛成分には、保湿、消炎、代謝改善などいろいろな役割があります。

刺激性の強い染毛剤
パラフェニレンジアミンなどのジアミン類は、強い染色成分で、皮膚炎をおこす可能性があると報告されています。

悪い成分(刺激性界面活性剤)
界面活性剤といえば、シャンプーばかり注目されますが、白髪染めなどの染色剤にも刺激性の強い界面活性剤が使われています。

悪い成分(シリコン)
シリコンは、髪の残りつづけると、髪のキューティクルをはがす可能性があります。

悪い成分(防腐剤・酸化防止剤・金属封鎖剤・安定剤など)
防腐剤・酸化防止剤・金属封鎖剤・安定剤に刺激性が強い成分が使われていないかを確認してみてください。


採点方法は次のとおりです。

合計点数 = 「染料成分」+「トリートメント・育毛成分」+「刺激性成分」

「染料成分」の採点法
= 2点
= 1点
= 0点
((染料成分(植物由来)、染料成分(化学由来)のそれぞれにつき、それぞれ0~2点の合計4点満点)

「トリートメント成分・育毛成分」の採点法
= 2点
= 1点
= 0点
((トリートメント成分(ハリコシ)、トリートメント成分(キューティクル保護)、育毛成分のそれぞれにつき、それぞれ0~2点の合計6点満点)

「刺激性成分」の採点法
= 1点(刺激性成分が含まれていない場合)
= 0点(刺激性成分が含まれている場合)
(刺激性染毛剤、刺激性界面活性剤、シリコン、防腐剤等のそれぞれにつき、それぞれ0~1点の合計4点満点)