トップページ >  > 白髪が染まらない?白髪の効率的な染め方・頻度は?

白髪が染まらない?白髪の効率的な染め方・頻度は?

白髪の効率的な染め方

白髪を効率的に染めようと思う時には、まずは1番に心がけてほしいのは、 「あせらない!」
ということです。
あせって早くすませようとしたら、きれいに染まらなかったり、染めムラになってしまいます。 白髪染めを行う時には、2,3時間の余裕を見ながらやったらいいでしょう。

白髪染めをつけてからは、シャンプーで洗い流す前には、長い時間を置きたいのです。 説明書きには、15分程度と書かれていますが、実際には1分でも長く白髪染めをつけていてください。 できることならば、1時間近くはそのまま洗い流さないで放置しましょう。

白髪染めをぬりこむ時にも、手が届きにくい後頭部や頭頂部にも、十分な量の白髪染めを使いましょう。 「もったいない!」
と、少ししか白髪染めを使わない方もいますが、これではきれいな効率的な染め方ができません。
白髪染めをしている時には、「ヘアキャップ」をかぶることをおすすめします。 ヘアキャップをかぶると、頭部が温かい状況で白髪染めができますので、髪の表面のキューティクルが開きやすくなって、白髪染めの原料の色素成分が髪の毛の奥にまで浸透していくからです。

また、注意点として、髪の生え際を塗ろうとすると、どうしても頭皮についてしまうことがあります。 刺激的な成分が含まれている白髪染めを使っている場合は、頭皮を確実に傷めてしまいます。

安全な成分構成の白髪染めトリートメントがもちろんベターですが、使い方にも注意してください。


白髪がよく染まらないわけ

白髪染めは、ビューティー・ケア―の中でも重要なものですが、 「思うように、きれいにできません!」 という、ご不満はよく聞くのです。 では、どうして、白髪はキレイに染まりにくいのでしょうか?

白髪がきれいに染まらない理由は、まずはあなたが使っている白髪染めが、自分にあっているものなのか確認してみましょう。 あなたの髪質や肌質、年齢や白髪の状況によっても、使うのに適した白髪染めは違っています。 まずは、自分がどんな白髪染めを使ったらいいのか、白髪染めを購入する前に考えてみたいです。

自分が使うべき白髪染めがきまったら、その後では、 「白髪染めを行う時の3つの注意ポイント。」を守りましょう!

1、 室温20度から30度で染める
2、 放置する時間の長さ
3、 白髪染めを使う量

この3つの注意点を気にしながら、白髪染めをやっていきましょう。 「白髪が、きれいに染められない!」 と悩む方は、室温が高すぎたり低すぎたり、放置する時間が短くて、 すぐに髪の毛をシャンプーしたり、白髪染めを十分な量使うことをしないで、ケチって少しだけ使っている方もいます。

白髪染めをきれいに満足のいく仕上がりにしたい時には、上記の3つの大原則を守らないと、染めムラになったり発色が悪化してしまいます。


白髪染めを使う頻度は?

白髪染めをする時には、どの程度の頻度で使うべきなのかが気になります。 年中、きれいな髪の毛にしたいからといって、白髪染めを使いすぎていたら、髪の毛の傷みの大きな原因になるからです。 また、近年では、今までではなかった新しいタイプの白髪染めが続々誕生をしていますから、 1つ1つの商品のタイプの特徴や成分をよく見極めてから、白髪染めを使いこなしていくことをおすすめします。

全体染めをする際には、長い髪の毛の方だったら、1カ月に1回、短い髪の毛の方だったら、3週間に1回はやるべきです。 白髪は根元から生えてきますから、3週間から1か月以上の間隔があいたら、根元の髪の毛が白くなってしまうのです。 髪の毛は黒い髪の毛でも白髪でも、1か月に約1センチは伸びるといわれています。

いつもキレイな黒い髪の毛に維持していきたい時には、少なくても1か月に1回の白髪染めをやりましょう。

お出かけ前やおしゃれを楽しみたい時に、ほんの少しでも白髪が気になった時には、 スティックタイプやスプレータイプの白髪染めを使って、白髪を目立たなくする方法もいいでしょう。

こちらのページでは、20種類のトリートメントを調査し、安全かつしっかり白髪染めができる成分が含まれているかを調査しました。白髪染めトリートメント選びにご活用ください。