トップページ >  > 白髪染めは美容院か家?美容院と自分でする場合のメリットデメリットを比較

白髪染めは美容院か家?美容院と自分でする場合のメリットデメリットを比較


白髪染めは、「美容院」か「家」のどっちでやっていますか?

自分は、コスパの良い方法で、白髪を思ったとおり、染められていると思いますか?

美容院と自分で白髪染めをする場合のメリット・デメリットを比較しました。

白髪染め



自分に合うほうを選ぶのに参考にしてくださいね。

白髪染めを美容院でするメリットとデメリット

白髪染めを美容院でするメリット

白髪があると、一気に老けた印象や疲れている感じがしますよね。
そんな白髪は、美容院でプロにきれいに染めてもらうのが一番です。

白髪染めを美容院でやるメリットは、何と言っても、きれいに仕上がることでしょう。 自分でやっても、ムラになったりきれいに染まらなかったり、せっかくやった甲斐が少ない白髪染めの失敗はよくあることです。

特に、後頭部や側頭部などの自分では見えないし、手が届かない部分はきれいに染められません。

カラーも自分では思うように調整できませんが、美容院にいったら、ブラウンやレッド、グレーなどの微妙なカラーのニュアンスも出せます。 おしゃれのためにも、白髪染めをしたい方は美容院での白髪染めにはメリットがあります。

また、美容院で白髪を染める一番のメリットは、自分の髪質やダメージ、頭皮の状態に合った薬剤を使ってもらえる事です。

市販の白髪染めは安い値段で誰でも手軽に出来ますが、髪質の個人差にまでは対応しきれません。

その点、美容院では、髪や頭皮へのダメージが最小限になるように薬剤を調合してもらえます。

また、自分では見えづらい後頭部や生え際の細い髪などの塗り残しや塗りムラもありません。

さらに白髪染めに含まれる「ジアミン」という成分が頭皮から吸収される事でアレルギーの発症につながることもあり、 間違ったホームケアの繰り返しで取り返しのつかない事になるかもしれません。美容院であれば、専門の知識を持った美容師が適切に処置してくれます。

白髪染めを美容院でするデメリット

その一方で、美容院での白髪染めにはデメリットもあるのです。 それは、料金の問題です。

多い人で月に1・2回は行う白髪染め...美容院で白髪染めをするデメリットは、やはり金銭面が高いのではないでしょうか。

以前に比べたら、安い価格で美容院で白髪染めをできますが、それでも1回行ったら、10000円近くは費用がかかります。 2か月に1回行ったとしても、 「毎回10000円を捻出するのは、キビシイ!」 と思う女性もいますよね。

そういった方には、やはり自宅で手軽に出来て、費用は100円程度で済む白髪染めトリートメントが向いています。

また拘束時間も長く、時間的にも余裕がなければいけません。
美容院での白髪染めを基本にして、補助的にホームケアを行うなど、自分に合った白髪染めが出来ると良いですね。

白髪染めを家でするメリットとデメリット

白髪染めを家でするメリット

白髪が気になってきた、出来ればすぐに染めたい、けれども美容院に行く時間やお金の余裕がない...
そんな時、市販の白髪染めを使用する人は多いのではないでしょうか。

何といっても、自宅で自分でやったら、金銭的な負担がないからいいです。 白髪染めを買ったら、ほかにはお金がかかりません。

安い白髪染めだったら、1箱で500円程度で購入できます。

自分で自宅で白髪染めをやるときには、忙しい中でも好きな時にできます。 毎回、美容室に行かなくてはならないと、予約を入れたり何時間も時間がかかります。

忙しい女性では、
「毎回の白髪染めで、美容室に行く時間がない!」
と嘆く方も多いです。

今ではクリームタイプや泡タイプ、一時的な白髪隠しなど、様々な白髪染めが発売されています。

家で白髪染めをするメリットは、なんと言っても「気軽」、そして「安価」で白髪染めが出来ることです。

自分が思い立った好きな時、今月は財布が寂しい...そんな時、ホームケアで白髪に対処出来ます。

また、白髪はすぐに伸びるので、生え際の白髪が早い人だと1週間で見えてきます。 1週間ごとに美容室にいく人はさすがにいません。

白髪の伸びるペースに、美容室では間に合わないのです。

白髪染めを家でするデメリット

反対に、自宅で白髪染めをやるデメリットには、どんなものがあるのでしょうか?

それは、キレイには染まらないから、白髪染めの染めあがりに不満を感じてしまうかもしれません。 特に、頭頂部や後ろの白髪は自分で染めるのには難しい部分です。

美容院で染めたような仕上がりを求める事は出来ません。なぜなら、やはり素人では技術面に難があるからです。

自分では見えづらい部分があったり、薬剤の塗り方の不備できちんと染まらなかったりする事があります。 白髪染めの場合は、塗り方に不備が出やすいので、できるだけ白髪染めカラートリートメントをべったり使うときちんとムラなく塗ることができます。

また、美容院のように薬剤の強弱を調整する事も出来ないため、髪が痛んだり、頭皮にダメージを与えたりします。

さらに白髪染めに含まれる「ジアミン」という成分が頭皮から吸収されることで、アレルギーを発症する事もあるようです。

家での白髪染めをするなら、 「ジアミンが入っていない低刺激の白髪染めカラートリートメントを定期的にしっかりつかう」方法がベストです。

白髪染めのおすすめのやり方

どちらのやり方も、メリット・デメリットがあります。

おすすめは、「自宅での白髪染め」です。

やはり、美容室での白髪染めは、白髪が伸びるペースに間に合わないことが致命的な弱点です。

30代の白髪が少ないうちは、美容室で大丈夫かもしれませんが、 40代以降の白髪の量が増えてしまう時期は、月1回程度の美容室では白髪を隠せません。

美容室でやるよりも、白髪染めを自宅で、「上手に」できるようになるのが、一番効率的です。

自分でやると最初のうちは、塗りにムラがでていまいますが、鏡をみてどの部分がムラがでやすいか、わかるようになります。

自分の染めの方の「クセ」がわかると、どんどん上手になっていくものです。
これは、コスメなどの化粧と同じです。

自宅で長い間使うべき白髪染めトリートメントをまとめているのでチェックしてみてくださいね。



人気20種の白髪染めトリートメントの成分を徹底比較!





------------------------------------
更新日:2018/08/05



白髪染めトリートメント成分鑑定

多くの白髪染めトリートメントを成分鑑定しました!

マイナチュレ カラートリートメントを体験

マイナチュレ カラートリートメントの実際の効果・メリット・デメリット・口コミを教えます。

マイナチュレ カラートリートメントの成分と口コミ
白髪ケアシャンプーを体験

白髪ケアシャンプーで人気の「haruシャンプー」の実際の白髪効果・メリット・デメリットを教えます。

haruシャンプーは白髪に効果は?口コミレビュー